トヨタ、日立、パナソニック、日本風力開発が六ヶ所村でスマートグリッドの実証実験を始める事に思う

トヨタ自動車、日立製作所、パナソニック電工、日本風力開発が、青森・六ヶ所村でスマートグリッドの実証実験を2010年9月中旬に始めるとの事。実験期間は2012年7月までの約2年間のようです。

実証実験では、スマートハウスと呼ぶエネルギーを効率的に使う住宅を用意(太陽光発電装置、風力発電装置、電力の監視・コントロールに使うスマートメーターなどを適宜設置した住宅を用意、既に完成しているようです)。

そして、スマートハウスを支える基盤として、電源には日本風力開発が持つ風力発電所、日立が建設した太陽光発電所を利用(電源は風力発電、太陽光発電といったグリーンエネルギーを使うようです)。蓄電池、自動車の充電スタンド、電力のコントロールセンターなども用意される模様です。

その上で、技術者などがスマートハウスで実際に暮らして、スマートグリッドや住宅の有用性などを検証するようなのです(自動車に搭載されたバッテリーをスマートハウスの蓄電池(電源)として利用する実験も行われるようです)。

現段階の机上でのスマートグリッドに関連する機能などは、実際に利用すると、数々の不具合が出る事が想定されます。

スマートハウスに実際に住む事は、苦労な事、生活の不便が多々あるのではと想像し大変だと思う一方、新しい物好きの私にとっては、スマートハウスに住める事は羨ましいと感じた次第です。

併せて、実際の住環境でスマートグリッドに関連する機能、使い勝手などが検証され、早く実用化されればいいと感じました。


【ブログ内の人気記事紹介ページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201009/article_12.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック