NHK大河ドラマ龍馬伝の第34話(侍、長次郎)を見ての感想

NHK大河ドラマ龍馬伝の第34話(侍、長次郎)を見ました。今回は、薩摩名義で購入した軍艦を長州へ引渡すに当たり、条件で揉めつつも、軍艦が長州のものとなり、薩長同盟への条件が揃った回でした。そして、薩摩名義で軍艦を購入し長州に引渡す事などで活躍した近藤長次郎が、イギリスへの留学を企てるも失敗、切腹して果てるといった内容でした(当時の日本では自由に海外に行く事はできず、犯罪でした)。

薩摩名義で購入した軍艦を長州へ引渡すに当っての条件とは、軍艦の名義は薩摩のままで、しかも、亀山社中がその軍艦を自由に使えるといった形で軍艦を長州に引渡すといった内容でした。当該条件は、坂本龍馬から長州の軍艦購入に関する手配を任されていた近藤長次郎が、亀山社中の今後の商業的な発展などを考慮して考えたものでした。

しかし、この条件を長州が飲めるはずもなく、長州は龍馬にクレームを上げ、龍馬は購入した軍艦の名義を薩摩のままとする条件と、亀山社中がその軍艦を自由に使えるという条件を引き下げます。この事によって、薩長間での取引は成立、薩長同盟のお膳立てができたのでした。

長州の軍艦購入に関する経緯(近藤長次郎が当該商談で亀山社中が利益を得る条件を提示した事)を知った亀山社中の仲間たちは、近藤長次郎を責めます。亀山社中は日本を守るという純粋な志のために動いているのであって、亀山社中が利益を得る行動をすべきではないとして。

今後の亀山社中のためを思い行動していた近藤長次郎は、亀山社中の仲間たちに自分の思いが通じなかったと感じたせいなのか、間がさしたというのか、軍艦購入に係る長州からの謝礼を着服、イギリス留学を企てるも失敗、責任を取る形で切腹して果てるのです。

近藤長次郎は亀山社中の会計係的な役割を担っていたようです。要は、日本を守るという理想だけに突っ走る感のある亀山社中の中にあって近藤長次郎は、苦労しながら資金のやり繰りをしていたのだと思います。亀山社中の仲間たちは、お金という現実問題には無頓着だったのかもしれませんし、お金の話をするのは卑しいとする価値観だったのかもしれません。

そんな中、長州の軍艦購入に関する手配を任されていたのにもかかわらず、それに龍馬は介入してくるし、長州の軍艦購入の件では亀山社中の仲間に非難されるし、又、お金という現実問題には無頓着な仲間が多い事などを通して近藤長次郎は、自分が亀山社中の仲間に理解されていないと感じ、イギリス留学に突き進んだのかもしれません(亀山社中の中で近藤長次郎は多少浮いていたのかもしれません)。

龍馬伝の第34話の中では、イギリス留学という犯罪の責任が亀山社中に及ぶ事を防ぐため、近藤長次郎自らの意思で切腹したように描いていましたが、亀山社中のお金を着服した事などにより亀山社中の仲間から責められ、切腹して果てたとする説もあるようです。

いずれにせよ、お金に無頓着で、お金の話をするのは卑しいとする価値観を持つ人材が多かったと思われる亀山社中の中にあって、近藤長次郎は貴重な人材であったと思われ、もし、切腹する事なく生き残っていたら、亀山社中の将来は違ったものになっていたのではと思った次第です。


【その他の坂本龍馬に関係した記事はこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/theme/158de7c628.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック