NHK大河ドラマ龍馬伝の第33 話(亀山社中の大仕事)を見ての感想

NHK大河ドラマ龍馬伝の第33話(亀山社中の大仕事)を見ました。今回は、薩長同盟を進める上で前提になる、長州のための薩摩名義での軍艦、銃の取引に坂本龍馬(亀山社中)が奔走します。

結果、イギリス商人のグラバーとの間で取引が成立、薩長同盟に向けて、一歩前進です。

それにしても坂本龍馬(亀山社中)はすごい。

普通であれば、信用のない坂本龍馬(亀山社中)がグラバーと取引をしようにも、門前払いではないでしょうか。

現在も同じですが、信用のまだない企業が(新興企業が)、軍艦と銃の大商いをするのは、さぞ大変だったと思います。

信用のまだない企業と取引をするに際しては、まず、小さな商いをして、その企業の様子を観察しながら、より大きな商売に移行していくのが一般的だと思います。

坂本龍馬(亀山社中)はそれを、最初の取引から大商いを実現してしまうのですから、感動物です。

坂本龍馬(亀山社中)はいったいどんな集団で、どんな人脈を持っていたのでしょうか。本当に不思議で謎の多い集団です。

又、坂本龍馬(亀山社中)がグラバーと商談を進めている状況を見て、改めて情報・知識の重要性を認識しました。

もし坂本龍馬(亀山社中)に軍艦(蒸気船)などに関する知識がなかったならば、グラバーに足元を見られ、いいように扱われて、支出に見合わない軍艦などをつかまされていたのではないかと感じました。

情報・知識が坂本龍馬(亀山社中)の身を助けたと思いました。

坂本龍馬(亀山社中)が幕末に活躍できた1つの理由は、この情報・知識力ではないかと感じた次第です。


【その他の坂本龍馬に関係した記事はこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/theme/158de7c628.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック