NHK大河ドラマ龍馬伝の第32話(狙われた龍馬)を見ての感想

NHK大河ドラマ龍馬伝の第32話(狙われた龍馬)を見ました。下関での薩長会談(西郷隆盛と桂小五郎が会談する予定でした)をすっぽかして京都に向かった西郷。その西郷を追いかけ坂本龍馬・中岡慎太郎も京都に向かいます。そして、再び薩長を同盟に導く龍馬が描かれた龍馬伝の第32話でした。

京都に向かった龍馬は、まず西郷に会おうとしますが、門前払いされます。しかし、龍馬は慌てません。今の日本の状況(幕府と各藩(薩摩、長州など)の状況)を鑑み、薩長は同盟せざる得ないと判断。龍馬はその場をあっさりと引き下がるのです。

そうした状況判断ができた龍馬は、やはりすごいですね。龍馬は西郷に門前払いされようとも、薩摩は長州と組むより仕方がなく、その内、西郷が龍馬に長州との仲立ちを頼みに来ると読んでいたのでしょうか。自分の読みを信じ、西郷を待った龍馬。うまく緩急を使い分けたものだと感じました。

西郷に門前払いされた龍馬は次に寺田屋に向かいます。お龍の顔を見に行ったのでしょうか。ただ、その寺田屋で龍馬は意外な人物と会う事になります。千葉道場の千葉重太郎と新撰組の近藤勇です。史実でそんな事はなかったのでしょうけれど、話の展開は面白かったです(話が唐突な気がしないでもありませんが)。

千葉重太郎は妹の佐那と龍馬をくっつけるべく、龍馬を探していたのでした。龍馬に寺田屋で再会した千葉重太郎は、龍馬に佐那と結婚してくれるように頼みますが、龍馬は断ります。龍馬はもてますね(龍馬はすごく魅力があったのでしょうね)。

又、近藤勇は、寺田屋でお龍にちょっかいを出していましたが、それを龍馬が助けます。その事などがきっかけになって、龍馬と近藤勇との間で切りあいになります(その場には千葉重太郎も居合わせます)。結果、両者痛みなしで
近藤勇は寺田屋を後にします。千葉重太郎と近藤勇が剣を交えましたが、そのシーンは迫力がありました。

寺田屋でのちょっとした事件があった後、西郷から龍馬の元に会いたい旨の知らせがきます。

龍馬は西郷と会います。西郷はまず長州(桂小五郎)との会談を反故にした事に対し頭を下げます。その上で、薩摩が長州からの信頼を失った今、薩長同盟は難しいと龍馬に話します。

それに対し、それでは長州、薩摩が幕府に各個撃破されると龍馬は主張。再び薩長同盟の話を薩摩が長州とするため、長州に手土産(軍艦と銃)を持って行こうと提案。要は、薩摩が仕入れた軍艦と銃を、龍馬(亀山社中)経由で長州に売却するという案を長州にぶつけるように西郷に主張し、西郷は龍馬の提案に同意します。

当時長州が幕府から目をつけられ、お金はあっても海外との貿易(軍艦や銃の購入など)がし辛い状況にある事(その情報を長崎で龍馬は得ている)に着目し、薩摩経由で海外との取引ができるというメリットで長州を釣ろうとしたのでした。

その際、龍馬は亀山社中を売り込みます。薩摩が仕入れた軍艦などを長州に運ぶ仕事を亀山社中が請け負うという形の売り込みです。

龍馬は「日本の洗濯」という大義名分を掲げながら、ある意味、薩摩と長州をうまく操りながら(薩摩と長州の仲を取り持ちながら)、亀山社中の事業を軌道に載せようともしたのだと思います。強かだと思いました。その強かさが、逆に恨みなどもかったのではないかと思いました。

そして今回、西郷に人としての大きさを感じました。

西郷からすれば龍馬は一介の脱藩浪人です。薩摩でそれなりの地位を持つ西郷が龍馬に頭を下げるというのは、できそうでできない事だと思います。それを自らの過ちを真摯に受け止め、龍馬に頭を下げた西郷に、人としての大きさを感じた次第です。

最後に、龍馬伝の第32話の中で、龍馬がお龍に「その内、亀山社中の仲間たち(長次郎たち)に会わせてやる」と言いますが、それは龍馬からお龍へのプロポーズだと思いました。龍馬が命をかけてしようとしている「日本の洗濯」の同志たちに会わせるという事は、そういう事だったのだと思いました。それも、今風の「結婚しよう」ではなく、趣のある言葉で。シャレたプロポーズだと思った次第です。


【その他の坂本龍馬に関係した記事はこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/theme/158de7c628.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック