NHK大河ドラマ龍馬伝の第27話(龍馬の大芝居)を見ての感想

NHK大河ドラマ龍馬伝の第27話(龍馬の大芝居)を見ました。今回は、土佐で苦しむ武市半平太と岡田以蔵を救うべく行動を起こす話が中心でした。その他、神戸海軍操練所が閉鎖され、自分たちの行く末が見えず、悶々とする旧神戸海軍操練所の人間(脱藩浪人)の姿も描かれました。

龍馬の元に突然、岩崎弥太郎から手紙が届きます。手紙には、武市半平太と岡田以蔵が吉田東洋(土佐藩の元執政)暗殺のかどで、厳しい取り締まりを受け苦しんでいる事、武市半平太と岡田以蔵の友人である龍馬が土佐に戻ってきて武市半平太と岡田以蔵を助けるべき(苦しみから救うべき)と記されていました。岩崎弥太郎は、自分が武市半平太と岡田以蔵の取り締まりに関与し自分も苦しみ、龍馬に助けを求めたといった所です。

土佐の脱藩浪人である者が土佐に戻るなど正気の沙汰ではないと思いますが、龍馬は、土佐に戻ります。その上で、吉田東洋が暗殺された状況を岩崎弥太郎の手助けを得て調べた上で、大芝居を打ちます。

龍馬が後藤象二郎(吉田東洋の甥で現在の土佐の藩政を握っている人物)の前に突然現われ、吉田東洋を暗殺したのは自分である旨を話すのです。吉田東洋を暗殺した罪で厳しい取り締まりを受けている武市半平太と岡田以蔵を助けるためです。そして、龍馬は再び、土佐を後にしたのでした。

史実では龍馬が脱藩後土佐に戻り、武市半平太と岡田以蔵を救うべく行動を起こすといった事はなかったでしょうが、龍馬が脱藩のち暗殺されるまでおおよそ46,000Km(地球1周ちょっとの距離)を旅したとも言われ(臨機応変に日本中を走り回った)、又、吉田東洋が暗殺された当時、龍馬に吉田東洋暗殺の嫌疑がかけられたとも言われていたようなので、それらの事が龍馬伝の第27話(龍馬の大芝居)の話の元になったのではないでしょうか。

龍馬伝の第27話(龍馬の大芝居)で、気になった事があれば即実行する龍馬像を、又、情にも厚かった龍馬像を表したかったのではないかと思った次第です。

*吉田東洋を暗殺したのは(実行犯は)、土佐勤王党の那須信吾・大石団蔵・安岡嘉助の3名と言われているようです。又、武市半平太は死ぬまで吉田東洋を暗殺を否定していたようです。


【その他の坂本龍馬に関係した記事はこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/theme/158de7c628.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック