NHK大河ドラマ龍馬伝の第28話(武市の夢~龍馬が日本を洗濯するぜよ!)を見ての感想

NHK大河ドラマ龍馬伝の第28話(武市の夢~龍馬が日本を洗濯するぜよ!)を見ました。今回ついに、武市半平太が切腹し、岡田以蔵も首を切られます。

武市半平太自らが山内容堂に、吉田東洋(元土佐藩の執政)の暗殺は武市半平太の指示により土佐勤王党のメンバーが実施した事、岡田以蔵は吉田東洋の暗殺には関与していないが攘夷派に不都合な人物を武市半平太の指示により暗殺していた事を話すのです。

武市半平太自らが山内容堂に吉田東洋の暗殺について告白したのは、山内容堂が武市半平太の収監されている牢に赴き、腹を割った話を武市半平太とした事によります。

山内容堂は武市半平太との話の中で、武市半平太を自分と同類の人間、いい家臣、もし武市半平太が長宗我部に属するもの(下士)でなければもっと登用していた旨の事を武市半平太に言います。これに感激した武市半平太は吉田東洋の暗殺などについて山内容堂に告白するのです。その結果、武市半平太は切腹、岡田以蔵も首を切られる事になるのです。

山内容堂と武市半平太が同類の人間というのは、なる程と思いました。

山内容堂は心の底では徳川幕府だと日本は立ち行かないと判断しつつも、山内家があるのは徳川幕府のおかげ、徳川家を裏切るわけにはいかないという気持ち(忠義の気持ち)もあって思いきった行動ができず(薩摩・長州の様な思いきった動きができず)、武市半平太も土佐藩にこだわっていては日本はだめになると考えつつも、山内容堂への忠義を捨てられず思いきった行動ができなかったのだと思います。

又、山内容堂も武市半平太も、忠義だけにこだわっていてはだめだと気が付いてはいても、その殻を破れない自分に限界を感じていたのかもしれません。

その殻を破るのが坂本龍馬という事なのでしょうか。

前回の第27話(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/201007/article_9.html)で、武市半平太・岡田以蔵を助けるため、吉田東洋暗殺の犯人が自分である事を後藤象二郎(現土佐藩の執政、吉田東洋の甥)に告げ土佐を脱出したはずの龍馬は、なぜか未だ土佐にいます。そして、龍馬は、岩崎弥太郎に武市半平太に会うための手はずを依頼し武市半平太と会います。

その場で龍馬は、武市半平太が山内容堂に吉田東洋暗殺について告白した事、切腹する事を聞き、絶句します。武市半平太の命を救いたかった龍馬ですが、武市半平太の気持ち(忠義こだわっていてはだめだと気がついてはいても忠義の殻を破れない自分に限界を感じ、日本の将来を龍馬に託す武市半平太の気持ち)を知った龍馬は、日本の将来の目を向け「日本を洗濯する」と宣言します。

史実では武市半平太と龍馬との間にこうしたやり取りはなかったと思いますし、武市半平太は最後まで吉田東洋暗殺への関与を認めなかったとも言われているようです。又、龍馬が「日本を洗濯する」としたのも手紙での中だとされています。

とは言え、今回の龍馬伝の設定は、人の心の機微がうまく表現されていて、こうした歴史もあったのでは感じさせる素晴らしい内容と感じた次第です。

今回の第28話で龍馬伝の第2部が終わり、次回からは第3部に入るとの事。これからの展開も楽しみです。


【その他の坂本龍馬に関係した記事はこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/theme/158de7c628.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック