NHK大河ドラマ龍馬伝の第26話(西郷吉之助)を見ての感想

今回の龍馬伝は、神戸海軍操練所の閉鎖、坂本龍馬と西郷吉之助(西郷隆盛)との出会い、武市半平太・岡田以蔵が土佐藩に責められる様子が描かれました。

神戸海軍操練所は、勝麟太郎(勝海舟)が江戸幕府で失脚した事に関連して、閉鎖されます。

神戸海軍操練所に従事していた者の内、各藩の藩士は各藩に戻って行きます。

しかし、脱藩浪人は帰る当てがありません。龍馬もその1人です。普通なら路頭に迷って、歴史の表舞台から消えていく所だと思いますが、龍馬たち脱藩浪人は違います。

勝麟太郎(勝海舟)が薩摩藩(西郷隆盛)に龍馬たちの身柄を引き取るよう交渉していたのです。

それで、龍馬と西郷隆盛の面会が実現します。

西郷隆盛が龍馬たちを受け入れるのは、やぶさかではないようなので、龍馬たちが、薩摩藩(西郷隆盛)の保護下に入るかどうかは、龍馬たちの気持ち次第です。

西郷隆盛は薩摩藩の下級武士からのし上がってきた人物。困っている人(龍馬たち脱藩浪人)を善意で助けるとは思えません。龍馬たちに利用価値があるとみたから、龍馬たちの身柄を預かる事にしたのでしょう。

龍馬たちの持つ操船技術・海軍力が欲しかったのではないでしょうか。龍馬たちが持つ操船技術・海軍力を薩摩藩で有効に使い、薩摩藩が日本の中で覇権を得るために、龍馬たちが持つ操船技術・海軍力を欲したのだと思います。

龍馬は、薩摩藩(西郷隆盛)の保護下に入るかどうか悩みます。西郷隆盛はあくまで薩摩藩が覇権を握る事が一番重要で、龍馬・勝海舟が考える日本のために各藩が争うべきではないとする考えは、理想ではあるが甘い考えと考えている節があるからです。

西郷隆盛のトーンは、龍馬たちは保護するが、薩摩のために働けといった感じです。

苦労人の西郷隆盛は、リアリストと感じた次第です。

土佐では、武市半平太と岡田以蔵が、尚も、先の土佐藩執政の吉田東洋暗殺のかどで責められています。ちょっと、表現がくどすぎる感があるような気がします。ここ数回に渡って、同じように武市半平太と岡田以蔵を後藤象二郎らが責めていますが、何か代り映えがせず、退屈な場面になっているような気がします。

山内容堂も出てくる場面と言えばいつも、酔っぱらっています。

土佐藩では、武市半平太らの処分がなかなかできず、藩の内向きの処理に時間をさかれ、幕末で土佐藩が薩摩藩、長州藩に先を越された状況を表現しているのでしょうか。


【その他の坂本龍馬に関係した記事はこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/theme/158de7c628.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック