ウエストホールディングスの太陽電池の日照時間保証サービスに思う

ウエストホールディングス(太陽光発電・太陽電池パネルの施工業者)が、自社で施工した住宅用太陽電池(太陽光発電)について、日照時間を保証するサービスをはじめるとの事。

天気が悪いなどして、ウエストホールディングスが保証した日照時間が得られなかった場合に、ウエストホールディングスが負担する損害保険(東京海上日動火災保険が開発した保険)を使って、施主にお金を補填する仕組みのようです。

興味深い仕組みだと思いました。

太陽光発電を設置する方からすれば、太陽光発電を設置するコストが、太陽光発電で作った電気を売ったりして、何年で元がとれるかシミュレーションすると思います。その時にキーになるのが、日照時間がどれだけかという事。

確保できる日照時間を設定して見た所で、本当の所は神のみぞ知る世界。平均の日照時間はあくまで平均で気休め。個人にてっては、実際生じた日照時間が全てで、天候の話なので想定通りの日照時間が確保できない事は、それなりにあるのではないかと想像します。

ウエストホールディングスと東京海上日動火災保険は、うまく考えたものだと思います。素晴らしい。

日照時間を保証するサービスは、太陽光発電を設置する側にすれば、天候という如何灯しがたいリスクをヘッジでき嬉しいですし、太陽光発電を売る側からすれば、太陽光発電を売るための販促ツールになると思いますので、まさにWIN-WINのサービスだと思いました。

ウエストホールディングスと東京海上日動火災保険による日照時間を保証するサービスは、いいサービスと感心した次第です。



【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック