NHK大河ドラマ龍馬伝の第24話(愛の蛍)を見ての感想

NHK大河ドラマ龍馬伝の第24話(愛の蛍)を見ました。今回は、1864年に起きた池田屋事件(新撰組が池田屋に集結していた長州を中心とする攘夷派を襲撃した事件)から話が始まり、土佐藩で攘夷派(土佐勤王党)が執拗に責められた事などがよく表現されていました。いつの時代も、権力闘争は過酷を極めるのですね。そんな中、人の絆(特に武市半平太と妻の富)がよく表現された回でもありました。

武市半平太は、肉体的だけでなく精神的にも責められます。武市半平太は、くそが付くくらいの真面目人間だったと思われるので、自分がした事で岡田以蔵をはじめとする部下・仲間が拷問にかけられるなどした事は、精神的に辛かったと想像します。それを武市半平太は、門番の好意による、妻の富との文通を通じて、心を安定・支えられていたのかもしれません。そして、富は、あの岩崎弥太郎や坂本家などに支えられていたのですから、人と絆は大切だと思いました。

当時の日本の中で、1863年の八月十八日の政変(攘夷派が朝廷から一掃された一種のクーデターで、攘夷派が勢いを失った)以降、苦渋をなめた攘夷派は多々いたと思われ、龍馬伝の中で描かれた武市半平太に起こった事は、当時の攘夷派の状況を象徴的に描いたものと感じとともに、そうした中でも人の絆が人を支えるのではと感じた次第です。人の絆は大切にすべしと改めて感じました。

坂本龍馬は、望月亀弥太を手にかけた新撰組に斬りかかろうとしますが、突然現れた桂小五郎に止められ、お龍の家に一時匿われます。これも、人の絆の大切さを感じる場面でした。

その他印象的だったのが、岡田以蔵が拷問される場面。石抱きという拷問道具を使ったいた場面です。石抱きとは、一枚50kg程もある石を足の上に次々とのせてゆく拷問。かつて、石抱きの道具を見た事がありますが、その辛さは想像を絶します。私だと、石抱きで拷問されたらイチコロです。岡田以蔵はそれに耐えているのだから、その精神力には感服です。

そして、池田屋事件で、攘夷派の会合への出席が遅れた桂小五郎(木戸孝允)は命拾いしますが、もし、池田屋事件で桂小五郎が命を落としていたら、歴史が変わっていたとも感じました。


【その他の坂本龍馬に関係した記事はこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info/theme/158de7c628.html

【ブログのトップページはこちら】
→(http://ka-teitenbiz.at.webry.info

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック